賃貸経営について

ドア

見逃せない存在

長引く不況や低金利時代を乗りこえるための手段として、不動産投資が注目されています。
すでに持っている土地を有効活用したり、貯金を用いて物件を購入したりして不動産を動かす方が、銀行にお金を預けておくよりも賢明だと考える人が増えているためです。
その中でも、初心者でも始めやすくなおかつ収益を得やすいものとして賃貸経営がよく取り上げられています。

賃貸経営とは、自身の保有している土地に賃貸物件を建築したり、持っている資産で賃貸物件を購入したりして経営を行って利益を得ることです。
今の低金利時代では預貯金での金利の収入はほとんどないと思って良い状態です。

せっかく資金があったならば資産運用をしてその資産を大きくすることを考えたいものとなります。
そこでおすすめなのが株や証券よりもリスクが低いとされる賃貸経営なのです。

特に最近ではシェアハウスが人気を集めており、賃貸経営の中で見逃せない存在になっています。
(シェアハウスの一例:オークハウス

しっかりと経営戦略が練られて建築された賃貸物件というのは、常に安定した入居者の確保ができるため、家賃収入をきちんと確保することが可能です。
このような長きにわたって得られる収入は退職後も続くため、私的年金としてもとても魅力的です。
そして、賃貸住宅の経営というのは専門知識を有していなかったとしても、信頼出来る管理会社に管理を依頼すれば経営や事務作業でもトラブルも回避できます。

特に、最近は実家の戸建てがあっても都心での生活が便利だという人が増えており、遺産相続や二世帯住宅建設、といった場面で土地が余ってしまうことも多くあります。
預貯金での資産だけでなく土地として資産がある場合にも、売却せずにこのような賃貸経営を始めることで利益を得る方が収益や税金の面で、最終的に利益が大きくなることがありますから余った土地がある人は是非検討したいものです。

賃貸経営を始めるには

賃貸経営を始めるには準備すべきことがたくさんあります。
すでに建築されたアパートを購入して経営を始めるとしても、不動産会社や税理士、会計士、弁護士に入居者のあっせんや税金相談、契約書のチェックやトラブル処理のノウハウをレクチャーしてもらったりと様々なことが必要です。

特に、何もない土地に賃貸物件を建築して経営を始めるとなるとさらにたくさんの人のアドバイスのもとに経営を始める必要があります。
この道のりを聞くと経営開始までの準備に膨大な時間とお金を必要とするためにためらう人も多くいますが、始めて軌道に乗ればしっかりと利益が還元されますからここで躊躇せずにまずは無料相談に出向くことがお勧めです。

このような賃貸経営の相談は不動産会社や税理士が定期的に行っています。
やはり、相談相手にも相性がありますし、その人の価値観や個人的見解が含まれた回答がされるものです。
そこで、多角的に判断するためにもそして少しでもより良い選択ができるようセカンドオピニオンも受けて納得出来るアドバイザーの意見に従うことがお勧めです。