先物取引とは

資産運用を始める

ここ数年、資産運用をすることがよく話題に上がっています。
長引く不況の影響から多くの人が自らの資産を増やすことを検討しています。
そのような資産運用の中で多く取り上げられるのが投資です。

投資というと、不動産投資や株、FXが有名で最近多く取り上げられています。
もちろん、どれもリスクがないわけではないのですが残念ながら利益を得るためにはリスクは避けられないものです。
大切なのはリスクを理解しつつ取引の向き不向き、自分の投資可能額、などから総合的に自分にあった投資方法を見つけることです。

先物取引とは

先物取引というのは、現在の価格で将来に商品を売買する取引、というのが一般的に言われる説明がされますが少しこの内容では分かりにくいものでもあります。
一般的な取引というのはその場で代金を支払い商品を受け取ります。
先物取引というのは、あらかじめ決められた日にちに決められた価格で商品の売買をしましょうと約束する取引をすることを指しているのです。

このように事前に約束した価格で商品の売買をするということで、株や投資に比べて難しいとかわかりにくい、リスクが高いといったイメージが強く損をするというイメージが強くあります。
しかし、最近では小額投資から始めることができるものもありますし、証券会社や取引業者のサポートが充実していて初心者も始めやすいものへと変わりつつあります。

先物取引と株式の違い

投資というと株式やFXといった者が有名ですが、先物取引も同じくらい幅広い人が利用しているものです。
お時間がある方は、こちらもどうぞ。
それぞれに違いがあり、それぞれの特徴から自分に合ったものを選び投資をしていくことで利益を得ることができたり、損失を最小限に抑えることができたりします。
>>先物取引とは

株式は各取引所で株式という現物をその時の現在地で購入するのに対して、先物取引は各取引所で商品を将来の値段で売り買いします。
この買い方の違いで同じだけの値動きがあっても利益や損失は大きな変化があるのです。
先物取引は株式よりも値下がりで損失を出すリスクもありますが、利益を上げることができれば株式よりも大きくなることがあります。

同じように、FXは外貨取引と言い外国の通貨が取引相手です。
こちらも外貨の方が先物取引よりも変動幅が少ないため、先物取引の方が利益も損失も大きくなりやすいと言えます。
手数料も両者に差があり、FXはインターネット取引の普及によって手数料が無料のところも増えており先物取引の方が手数料を高めにしているところが多いです。

このように3種3ように取引内容や取引対象、手数料、値動きの激しさが異なりますから自分に合ったものを選ぶことが失敗しないためには重要です。
また、それぞれに取引の方法や値動きの予測の仕方が異なるので、身につけるべき知識も必要とするノウハウも異なることも注意が必要となります。