国債とは

紙幣

国の借金証書

国債とは、正式名称「国庫債券」の略で国が発行する債券のことを表します。
債券というのは、簡単に言えば国の借金のことで、国債を発行して購入者からお金を借りて国が様々な事業や政策を行っています。
日本の国債は、日本国政府が発行するものなので、国の借金証書と考えることができます。

国債は、発行されると証券会社や銀行が購入します。
ただ、厳密に言うと国の借金の受け入れを了承して証券会社や銀行は国にお金を貸します。
国債も借金なので、一般的な借金と同じく返済時に利息が発生し、債権を購入してくれた人に利息が支払われます。

一般的に国債を購入すると年に2回利息が支払われます。
そして、この債権には満期日があり、満期日まで購入者が債権を持っていたら、債券の全額を購入者に返金するという仕組みになっています。
たとえば、満期日が5年後であれば5年間債権を保有したら毎年利息を受け取ることができ、なおかつ5年後に貸した全額が手元に戻ってくるということです。

現在、低金利時代で現金が手元にあっても銀行に預けていても利息はわずかです。
そのため、様々な資産運用の形が検討されています。
その中の一つとして個人が国債を用いて国債投資をするという例も増えています。

国債と投資

投資というのは、必ず利益が出るとは限りません。
投資した相手が事業に失敗すれば投資したお金も利息も得られなくなることがあるためです。
そこで、相手先の安全性と利息の高さとを総合的にはんだんっをして投資先を選ぶことが必要です。

国債は、国家への投資であるために、このような投資商品の中でも安全性は高いと言われています。
国債には利付国債と個人向け国債とがあり、特に個人向け国債は市場金利にも左右されないですし中途換金でも元本割れが少なくリスクの低い商品であるとされています。
ただし、個人向け国債も発行から1年は中途換金ができなかったり満期前に中途換金するときには中途換金調整額として手数料を支払う必要があるということも理解しておく必要があります。

国債は国家への融資であるため、投資の中では安全性も信頼性も高いものです。
そして、国が破綻しない限り利息や元金を受け取れるというものであるため、メリットが高いものであるとも思われています。
しかし、幾つかのデメリットもありますし、購入する商品によっては元本割れのリスクもありますから購入前にしっかりと吟味の必要があります。