個人向け国債とは

リスクを減らす

不況が続いていることや低金利、低賃金や雇用形態の悪化、賃金カットやボーナスカット、日本国内のお金にまつわる状況は決して良いものではないと言えます。
拍車をかけるように年金受給額が減っているどころかもらえなくなってしまう可能性も出てきていますし、それに反して高齢化社会が進みなおかつ医療技術が進歩したことで長生きする人がる得たので老後に必要なお金が増えています。
このような流れから、少しでも今ある蓄えを増やしたいとか仕事の空き時間でお金を増やしたいとかと考える人が増えており、資産運用が検討されています。

資産運用というと、不動産投資や株、証券取引といった投資がよく取り上げられています。
どれもメリットとデメリットとがありますし、絶対に利益が得られるという保証はありません。
投資を行うならば、利益を得たいものですが、どれだけ目利きのプロが行っても赤字になる時というのはあるものです。
そのようなリスクがあることを理解しつつ投資をしつつも、少しでもリスクの少ないものを選ぶことが利益を出すためには重要です。

個人向け債権とは

個人向け債権とは、日本が発行する債権を個人投資家に買いやすくしたもののことです。
国債は、国の借金のことで、債権を購入することで国がそれを資金として政策を行います。
国債の発行元が国であるということで、発行される債権の中でも最もリスクが低い投資であると言われています。

個人向け債権はリスクが低いだけでなく、さまざまなメリットがあるために人気を集めています。
国債を購入すると、利子が年に2回受け取れますし、満期になるまで持ち続けると購入した際の代金も戻ってきます。
そして、満期の期間も3年、5年、10年とあり、5年までは固定金利、10年だと変動金利です。

もしも、満期になるまでに事情があって中途解約をしたとしても、金利は過去2回分の返済が必要ですが元本割れをすることはありません。
投資可能額も1万円から始められますし、買付手数料は発生しません。

個人向け校区祭の購入は証券会社や銀行、郵便局で購入が可能ですが、最近ではネット証券でも購入ができます。
特に、ネット証券ではキャンペーンが実施されており、9入金額や購入債券の種類といった条件がいくつかありますが条件を満たすと現金のキャッシュバックや商品券といったものがもらえることもあり、このレートはかなり高いものになっているので是非活用したいものです。

国債を購入する際には、利付国債と個人向け国債とありますが、少しでもリスクを減らしたければ個人向け国債の方がリスクは少ないです。
これは、利付国債が元本保証がなく、元本割れを起こしてしまう可能性があるためです。
中途解約をすることが前提ならばペナルティのない利付国債の方が得をすることもありますが、1年間は解約をしないのならば個人向け国債の方がお得と言えます。