外国株式について

外国

通常のネット証券と同様に購入できる

外国株式というのは、名前の通り外国に籍を置いている企業の株式です。
日本では昭和40年ごろから取引を行うことができるように、現在では国内銘柄ほどではないですが、かなり多くの銘柄を購入できるようになりました。

外国株式というのは様々な国のものがありますが、日本で取引が可能となっているのにはまだ数に限りがあります。
その中でも中国や米国、韓国の株はインターネットでの取引も対応しており通常のネット証券での購入と同じように購入できるものもあります。

グローバル化が進んでいる現在、国内だけでなく海外にも目を向けておくことが必要とよく言われます。
円の価値が下がるおそれや、日本の続く低金利時代から日本で投資をしてお金を動かすだけでなく、もっと条件の良い海外の相場に目を向けて取引をして利益を得ようという考え方も広まっているのです。

同様の流れから外国の経済動向、企業情報についても身につけておいて、海外の企業に投資をすることで国内企業に投資することで得られる利益も変わってくることが予想できます。
特に、日本でも有名な海外の企業の株への興味は高まっていますから、始めるには良い機会と言えます。

まだまだ、外国株を国内で取引している人は日本の株取引をしている人の数よりも少ないです。
先駆けとして始めることで得られる利益もあり、アドバイザーとしての役割を担うことができることもあります。

外国株を始める注意点

外国株を購入するには不安がたくさんあり、その取引の内容については特に不安があるものです。
ネット証券であれば、日本の取引と同じ流れですし、取引内容も日本語ですから心配する必要はありません。
ただし、すべてのネット証券が外国株式に対応しているわけではありません。
また、手数料や取引銘柄も証券会社によって異なりますから、自分の行いたい国の株式取引ができるところや、取引したい銘柄のある証券会社をしっかりと探すことが重要です。

たまに、株の初心者で初めから外国株式を検討する人がお多いですが、これは避ける方が望ましいです。
まずは少しでも知識がありタイムリーに情報が仕入れられる日本の株の口座を開設して国内の株のやり取りをすることから始めて様子をつかむことが重要です。
将来的に外国株を視野に入れている場合には、外国株の取引をしているネット証券に口座を開設しておけば慣れてきて外国株式を始める時に新しい口座開設の手間も手数料の必要もなく始められるのでオススメです。