不動産投資とは

アパート (3)

安定している投資

投資とは、対象となる事業はさまざまですが、企業や不動産などに対して、利益の獲得を目的として資金を投じることです。
ただし、投資をすれば必ず利益が得るとは限らずに損益を出すこともありますし、利益を得たとしてもその波が大きなものもあります。
失敗しない投資をするには、投資する先をしっかりと見極め安定した利益の得られる相手を探すことが重要です。

せっかく投資をするならば誰でも利益を少しでも多く得たいと考えるものです。
世の中の投資において、リスクなく利益を得ることができるものはないですし、リスクが低くなると得られる利益も小さくなります。
リスクがあることを理解しつつも、なおかつリスクを回避するためのノウハウを勉強したり投資の種類や内容を変えたりという工夫をして投資を行うことが少しでも多くの利益を得るためには重要なことです。

このような投資の中で、ここ数年特に注目を集めているのが不動産投資です。
昨今の金融不安や年金不安、不動産投資信託の登場などにより注目を集めることとなりました。

不動産投資は、様々な投資の中でもミドルリスク・ミドルリターンとされています。
投資が成功した際の見返りのことをリターン、投資における危険性のことをリスクと言います。
不動産は地代の下落や空室、災害による倒壊といったリスクはありますが、土地という資産は必ず残るために価値がゼロとなることはないと判断されるために、株式や証券よりもリスクの少ない投資であるとされています。

不動産投資は、初期投資が大きなものであるためとても不安視されますが思いの外他の投資よりも安定していると言えるのです。
そのため、これから投資を検討する際には不動産投資も視野に入れることがお勧めです。

不動産投資で得る利益

不動産投資によって利益を得る方法にはインカムゲイン方式とキャピタルゲイン方式という2つの方法があります。
インカムゲイン方式は、不動産を借主に賃貸してその収入によって利益を得る方法のことを言います。
土地を貸したり、アパート経営をしたりというのが来これに当たります。

それに対して、キャピタルゲイン方式というのは、投資用の不動産をその価格が低い時に購入しておき景気動向や需要の変化によってその土地が購入時よりも高くなった時に売却をして利益を得る方式です。
現在、日本ではリスクもリターンも大きいキャピタルゲイン方式よりも、リスクが少なく安定した利益が見込めるインカムゲイン方式が主流です。
その多くは賃貸によって家賃収入を得る方法です。

不動産投資のメリット

不動産投資によって得られるメリットは様々なものがあります。
まずは安定した不労所得が得られるために、長期に亘っての私的年金の確保ができますし、生命保険の代わりとすることもできます。
また、税金対策としても有効で相続税や贈与税対策、所得税や住民税の節税対策にも効果的です。

もちろん、このようなメリットを得るためには綿密な事業計画を練ることが重要です。
いくらリスクが少なく始められると言われていても、すべての物件に当てはまることではありません。
地域のニーズにあった不動産であり確実に借り手がつくこと、倒壊や補修といった修繕費用が大幅にかからないことなど、ローンの返済が可能な物件であることなど総合的に判断をした上で運用をすることが重要です。